目を指している女性

まつげが短くて目元が貧相に見える、ビューラーら使い過ぎで素顔になるとまぶたまわりの自毛が少なくスカスカの外見、などの症状に心当たりがある方は、まつ毛貧毛症の兆候かもしれません。日本人は西洋人に比べるとまつ毛の長さも太さやコシ・密度などあらゆる点で2割ほど少なくなっているので、生まれつきまつ毛のボリュームが小さい傾向がありますが、だからと言ってアイメイクやつけまつげなどに頼りすぎると病的にまつげが減ってくることに。このようなまつ毛の悩みに答えるのが、まつげ育毛剤です。世界で初めて臨床試験でまつげへの育毛効果が認められたのがルミガン。当初は緑内障治療薬として開発販売され臨床現場で点眼薬として使用されてきましたが、治療中の患者のまぶたやその周辺の皮膚に多毛症状が観察されたので、あらためてまつげ育毛剤として開発承認された経緯を持っています。まつ毛が薄い・すぐに抜けてスカスカの目元の悩みをかかえている方でも、4ヶ月ほど継続投与することで目に見えてまつげを太くコシのある状態に変化させて、まつげの全体のボリュームも眼に見えた改善を実感することができます。

ルミガンはまつ毛貧毛症に対して優れた効能を発揮し、まつ毛の見た目の悩みを改善してきましたが、先発薬であるだけに薬価が高めに設定されていました。しかしルミガンは販売開始以降の特許期間が経過したので、ジェネリック医薬品が登場しています。ジェネリック医薬品とは先発薬の独占販売期間が経過した後に、同一の有効成分を配合していながらリーズナブルな薬価で購入できる治療薬のことです。ルミガンの有効成分ビマトブロストを配合していますが、高額な研究開発費用を必要としないのでリーズナブルな価格でまつげ育毛剤を入手することが可能になりました。

ルミガンのジェネリック医薬品の登場で、従来のつけまつげやビューラーなどの使用で、かえってまつげのボリュームが少なくなったなどの悩みをかかえている方にとっても、気軽にまつげ育毛が可能になったのは朗報と言えます。しかしあくまでまつげ貧毛症という病気に対する医療用医薬品の位置づけなので、病院などの医療機関で医師の確定診断を受けて処方してもらう手間がかかるのが、とりわけ多忙な方にとっては依然ネックになっています。そこで最近では海外からの医療用医薬品の個人輸入を代行するサービスを利用して、普通の通販感覚でルミガンのジェネリック医薬品を購入するのが注目を集めています。

ルミガンのジェネリック医薬品でもケアプロストは有名な治療薬ですので、名前を聞いたことがある人は少なくないでしょう。ケアプロストを購入する場合は個人輸入代行の通販サイトを利用することで、ルミガンよりも圧倒的に安く購入することができます。通販サイトではまとめ買いでお得になることがあるので、値段や割引価格などを比較しておきましょう。