• ホーム
  • ニキビには様々な種類が!白ニキビと黒ニキビの違いを知っておこう

ニキビには様々な種類が!白ニキビと黒ニキビの違いを知っておこう

ニキビには思春期に出来るものと、思春期以降の大人の年代になって発生するタイプの、大別すると二種類からなります。病態はいずれのタイプも共通している部分が多いわけですが、原因や好発部位にはきわだった違いが見られます。中高生の頃のいわゆるティーンエイジャーの時期に発生する思春期ニキビは、第二次成長期の男性ホルモン分泌量が急減気に増加することが原因です。男性ホルモンには皮脂の分泌を増加させる作用が強いので、急激な皮脂増加のおかげで毛穴詰まりが生じ、ニキビが発生します。女性は本来皮脂が少ないので、わずかな男性ホルモンの増加でも強い影響を受け、ひどい症状になることも。いわゆるTゾーンに好発します。

これに対して成人に生じる大人ニキビはホルモンバランスの影響もさることながら、皮膚のターンオーバーの乱れや問題ある生活習慣などが大きく関係します。古い角質が毛穴に詰まりニキビの発生を見るのが特徴で、顎やフェイスラインに好発する傾向があります。いずれのニキビにあっても、進行具合に応じて見た目に違いあがります。進行してからでは治療や瘢痕ケアが大変になるので、白ニキビや黒ニキビのように、初期段階でケアに取りくのがポイントです。それでは絶対にセルフケアで処置をしてはいけない赤ニキビとはどのように見分けるべきなのか。赤ニキビは皮脂の毛穴詰まりのおかげで、アクネ菌が増殖し、免疫細胞の働きで、すでに炎症が起きている状態を意味します。アクネ菌の増殖を抑制する為に、リンパ球やマクロファージなどが集まってきますが、その死骸が膿のもとになります。また炎症物質の影響で、痛みや腫れなどのも自覚されるようになってきます。従って赤ニキビは見た目に赤味を帯びており、すると痛みを感じ、触感は硬くなり膿を持つような様子を目安にすれば、見分けることができます。

これに対して専用の処置器具などでコメドを除去しても、問題ないのは白ニキビと黒ニキビの時期までに限られます。白ニキビは毛穴に皮脂づまりがおきただけの状態で、痛みやかゆみなどの自覚症状はなく、鏡に映すと白い芯があるのが確認することができるはずです。黒ニキビは、白ニキビが発生してしばらく時間経過した状態で、コメドがやや黒ずみをおびて黒っぽい斑点のように見えることもあります。黒ニキビもアクネ菌がさほど増殖していないので炎症所症状はありません。セルフケアが可能なのは、白ニキビと黒ニキビの段階まで、それ以降は治療薬や皮膚科などで対処するのが鉄則です。

関連記事
美肌を目指すならホルモンバランスとニキビの関係性について知っておこう 2020年08月04日

ニキビはホルモンバランスとの影響を大きく受けることが分かっています。これは思春期であっても成人以降の年代であっても、中身こそ違いはあるとはいえ共通している性質です。ニキビとホルモンバランスの関係性にはどのような特徴があるのでしょうか。まず思春期などの性ホルモンの分泌量が急激に増加する時期の関係性につ...

美肌効果を期待するならトレチノインという成分がおすすめです! 2020年06月28日

20代の頃は気にすることもなかったのに、鏡を見ると小さなシミがちらほらフェイシェルに存在することに気付いてショックを受けるというのは良くある話です。なかにはほくろのような印象を与えるほどのサイズのシミがみつかることも。シミの意義を確認しておくと、メラノサイト細胞が生成したメラニン色素が排除されること...

自分で対処したい人向け!白ニキビをうまく潰す方法をご紹介します 2020年05月24日

思春期ニキビを自分で潰して瘢痕が目立ってしまう苦い経験をお持ちの方もいるでしょう。クレーター状の瘢痕や強い色合いの色素沈着などのニキビ跡は治療するのが大変で、目立たなくするのが非常に困難です。このような事実を背景にして、経験則的にニキビを潰してケアするのは基本的にNG行為とされています。ニキビを物理...

まつ毛が抜けたり少なければまつ毛貧毛症かも?その症状ってどんなの? 2020年03月26日

欧米人に比較すると日本人のまつ毛は長さも太さも密度も、いずれの点でも数値が小さく全体的にボリュームが小さい傾向があります。公開されているデータによると9まつ毛の長さや密度だけでも、概ね2割ほど日本人は欧米人に比べると不足している層。まつ毛の生える方向も内向きになっており、目元の印象が曖昧になっている...

失明するリスクがあるって本当?まつげ育毛剤を使用するときには注意しよう 2020年02月28日

まつげ育毛剤などは、製造メーカーにおいてまつ毛に関するスペシャリストたちが数十回にも及ぶ品質チェックやテストを行い実際の被験者を対象に幾重もの臨床試験を経て、承認販売に至っているので、効果面でも安全性でも十分なチェックやテストを通過して、はじめて販売が許されています。まつ毛が目を保護する役割を担う重...